スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄で震度5弱(時事通信)

 27日午前5時半ごろ、沖縄県で地震があり、沖縄本島中南部で震度5弱を観測した。気象庁によると、震源地は沖縄本島近海で、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は6.9と推定される。 

【関連ニュース】
東京・八王子で震度3
関東北部で震度3
山口県で震度4
宮城、福島で震度3
釧路などで震度2=M6.9の深い地震

<脱税>J&J日本法人の元代表を在宅起訴(毎日新聞)
IT株巡るインサイダー取引、生保元社員ら認める(読売新聞)
7億円超脱税容疑で弁護士ら3人逮捕 特捜部(産経新聞)
教師が生徒の父に手紙で「死ね」(スポーツ報知)
小沢氏続投、重ねて強調=首相(時事通信)
スポンサーサイト

自民県議が出馬表明=参院福井、保守分裂へ(時事通信)

 自民党福井県議で新人の一瀬明宏氏(52)が20日午前、同県小浜市内で記者会見し、夏の参院選で福井選挙区(改選数1)から出馬すると表明した。同党は既に現職の山崎正昭氏(67)を公認しており、保守分裂選挙となりそうだ。一瀬氏は「自民党再生のため離党はしない」とし、党公認も求めていく考えを示した。 

【関連ニュース】
追い風にも与党ペース崩せず=長崎知事選に期待
清水前議員が自民離党
吉村氏が民主会派入り=参院
吉村参院議員が国民新入り=地元・福岡で表明
税制法案が審議入り=自公反発も本会議出席

1月のPC出荷は4割増の84万台 「ウィンドウズ7」効果(産経新聞)
雑記帳 「新潟おでん」売り出しに市民らが新組織発足(毎日新聞)
予算案一般質疑、自民のみ欠席で審議継続へ(読売新聞)
国母の東海大ひっそり「みなで応援したかった」(読売新聞)
振り込め詐欺、だまされたふり作戦で1日2人逮捕(読売新聞)

<生活保護>「車所持で申請却下は違法」と枚方市を提訴(毎日新聞)

 乗用車の保有を理由に生活保護申請を却下したのは違法として、大阪府枚方市の佐藤キヨ子さん(69)が23日、同市を相手取り、却下処分取り消しと約280万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。脚に障害があり、「最低限の生活をするため乗用車は不可欠」と主張する。

 訴状によると、佐藤さんは98年7月、長男(38)から小型乗用車を贈られ、通院などに利用。06年6月の夫の死後、生活保護を認められた。07年3月、市から乗用車処分を指示され、拒否したところ、生活保護を打ち切られたという。

 09年4月、再度の申請も却下され、弁護士を伴って申請したら認められたが、「乗用車の保有を一律に認めない制度運用は違法」と訴える。【日野行介】

 枚方市保護課の話 訴状が届いていないのでコメントできない。

【関連ニュース】
無料低額宿泊所:愛知でも損賠求め提訴
シナジーライフ:入居者が代表を提訴「天引き高額で苦痛」
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死関連で
低額宿泊所運営:「FIS」の3人在宅起訴 所得税法違反
社説:たまゆら火災 行政責任はどうなのか

野口宇宙飛行士 「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励(毎日新聞)
女性転落! 電車通るも無事=救助男性、レール間に寝かす-東京・JR高円寺駅(時事通信)
<農水省>データ捏造で職員を追加処分(毎日新聞)
民主党に政策立案機関設置要請(産経新聞)
<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)

【新・関西笑談】ワイナリーのジャンヌ・ダルク(3)(産経新聞)

 □ワイン醸造士 渡辺佳津子さん

 ■フランスでは分子レベルの授業もそこが日本と違いました。

 --向こうでの授業ってどんなことをやるんですか

 渡辺 全部フランス語なんですけど(笑い)、先生がパワーポイントを使い、資料のコピーを配ってくれます。教科書がないんです。その資料と講義内容で勉強していくんです。

 --まずは基礎知識ですね

 渡辺 ええ、醸造に関する知識です。アカデミックなところまで教えていただける。ただ単に「糖分がアルコールに変わるんだよ」というのではなくて、分子レベルで教えてくれます。化学式を覚えたりもするんですが、そこが日本とは違っていました。

 --実技もあるんですか

 渡辺 あります。実験や分析方法の実習なんかがあります。1年でワイン作りを学ぶ実習を、2年では論文作成をやります。

 --論文ですか、ちなみにどういうテーマだったんですか

 渡辺 スタンダードな酵母と、ワインメーカーの最新の酵母で、それぞれワインを作り、どういう違いで成分が出てくるか比較分析する、といったことです。もう、すごく大変でした。

 --日本人学生は渡辺さんだけですか

 渡辺 私の学年は私だけです。1年上に1人いらっしゃいました。

 --慣れないフランスでの生活はいかがでした。苦労はされませんでしたか

 渡辺 しました、しました。クラス40人中35人がフランス人で、残り5人がスペイン、イタリア、中東などの外国人留学生。アジアは私だけ。アジアは少し他の国とは文化が異なるので、カルチャーショックを何度も受けました。

 --例えば

 渡辺 スキンシップの多い国なので、ほっぺにあいさつのとき、チューをしなければならないんです。右、左に。男女関係なく、クラス全員に会うたびにしなくちゃいけない。実に面倒くさい(笑い)。

 --つらくて日本に帰ろうと思うことはなかったですか

 渡辺 それはなかったですけど、私は語学があまりにできなくて、1年留年したんです。本当は2年で修了するカリキュラムなんですが、1年目であまりにフランス語ができなくて、先生に「もう1回やりなさい」と言われまして。たぶん授業の3分の1くらいしか理解できていなくて、本当にどん底でした。

 --そんなときはワインをしこたま飲んで気をまぎらわすんですか

 渡辺 やけ酒はしませんが、ワインはよく飲みましたね。時間があればワイナリーを訪問し、見学させてもらいました。気になるワインは購入して、週末になると日本人留学生を招いて自宅で“試飲会”を開きました。あくまで勉強のためですよ(笑い)。買ったワインがどんどんたまるので、地下カーブ付きのアパートに引っ越しました。はずかしながら、このとき体重が“人生最高”を記録してしまったんです。

 --そのときの写真ありますか

 渡辺 見せません(笑い)。(聞き手 安東義隆)

【関連記事】
飲むなら食べよう!酒に飲まれないツマミ選びのコツ
中国でワイン人気が急上昇 背景に健康志向
【食を楽しむ】南アフリカ「ワインランド」 「利き酒」で酩酊、フレンチ舌鼓
【Viva!ヨーロッパ】ドイツ ザクセンワイン「歴史」が醸成
ワインとほうとう探しの旅 山梨・甲州市

確定申告、全国でスタートへ=高橋英樹さん夫妻もe-Taxで(時事通信)
死体遺棄 冷凍の乳児2遺体 愛知のスーパー(毎日新聞)
知事選敗北「政治とカネの影響」=鳩山首相(時事通信)
<温室効果ガス>家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案(毎日新聞)
<安保防衛懇>メンバー発表…18日に初会合(毎日新聞)

事故身代わり隠避、相手側バス支社長書類送検(読売新聞)

 福岡県警筑紫野署は19日、交通事故を起こした元妻の身代わりになったとして、福岡市博多区春町1、造園業植野誠二郎容疑者(59)を犯人隠避容疑で逮捕し、元妻(61)を同容疑と道交法違反(無免許運転)容疑で、事故の相手側の西鉄観光バス福岡東支社長(48)、同支社助役(44)、男性運転手(68)を犯人隠避容疑の共犯として福岡地検に書類送検したと発表した。

 発表によると、植野容疑者は昨年12月4日朝、福岡県太宰府市水城2の国道で、元妻の軽貨物車と、同社の観光バスが接触事故を起こした際、無免許だった元妻の身代わりになり、うその事故届を提出した疑い。

 西鉄によると、事故後、植野容疑者がバス会社を訪問して自分が事故を起こしたことにするよう依頼。支社長らが同意したという。同社広報課は「大変遺憾。再発防止に向け、指導を徹底したい」と話している。

<NHK大河ドラマ>来年の主役に上野樹里さん (毎日新聞)
首相動静(2月14日)(時事通信)
マータイさん MOTTAINAIショップを訪問(毎日新聞)
<マータイさん>東京で祝賀パーティー 旭日大綬章受章など(毎日新聞)
<国庫負担金>4400万円国に返還へ 三重・鈴鹿(毎日新聞)

<訃報>瀬川康男さん77歳=絵本画家「いないいないばあ」(毎日新聞)

 瀬川康男さん77歳(せがわ・やすお=絵本画家)18日、直腸がんのため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻朱々子(すずこ)さん。

 67年刊行の「いないいないばあ」は400万部を超すロングセラー。他に「ふしぎなたけのこ」(ブラチスラバ世界絵本原画展グランプリ受賞)、「ぼうし」(絵本にっぽん大賞、講談社出版文化賞受賞)など。

<石巻2人刺殺>元交際相手が計画…無職少年、友人に漏らす(毎日新聞)
殺人罪は不起訴=親子2人死亡、放火は起訴-沖縄(時事通信)
<参院選>元プロ野球の石井浩郎氏、秋田選挙区から出馬表明(毎日新聞)
放火罪の被告に無罪…大阪・西成の3人死亡火災(読売新聞)
3人死亡の火事で無罪=放火で起訴の男性-大阪地裁(時事通信)

<民主党>政調組織「復活しない」…小沢幹事長(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は17日、党独自の政策立案機関として「政策研究所」を創設するよう申し入れた同党の田中真紀子元外相ら4議員に対し、「新たな組織を作る必要はない」と述べ、政策調査組織を復活させる考えがないことを伝えた。

【関連ニュース】
民主党:企業献金「禁止」を強調
町田市長選:小沢幹事長、異例の応援 逆風で危機感?
民主党:「政調」復活要望へ…田中真紀子氏ら
鳩山首相:夫婦別姓制度「基本的には賛成」
鳩山首相:冬季パラリンピック選手にエール

2ちゃんねるから「賠償金」 回収成功は極めて珍しいケース(J-CASTニュース)
【十字路】「北野をどり」の衣装合わせ 上七軒(産経新聞)
足利事件無罪論告、検察が菅家さんに謝罪(読売新聞)
共同採用へ協定締結=小学校教員-秋田県・東京都両教委(時事通信)
日本ケミコン、36億円申告漏れ 中国子会社への輸送費負担、寄付金認定(産経新聞)

伊丹発JAC機、通信装置に雑音で目的地変更(読売新聞)

 14日午後2時10分頃、伊丹発屋久島行きの日本エアコミューター(JAC)2453便(ボンバルディアDHC8―402型機、乗員乗客22人)が宮崎市沖の上空を飛行中、二つある通信装置の一つに雑音が入り、管制機関と交信しづらくなったため、目的地を鹿児島空港に変更し、同2時34分に着陸した。

 JACの発表によると、この影響で屋久島発鹿児島行き1便が欠航した。

<石川知裕議員>辞職勧告採決せず 衆院議運委(毎日新聞)
整備新幹線「国費増額を」=北陸新幹線の沿線知事ら-国交省(時事通信)
他人名義の口座売ると宣伝=ネットに書き込み容疑の男逮捕-警視庁(時事通信)
官邸に銃弾入り郵便物か(時事通信)
義理の娘陳述へ 事故裁判で被害者参加(産経新聞)

「必殺」シリーズの題字書家、路上で襲われる(スポーツ報知)

 テレビ朝日系の人気時代劇「必殺仕事人」「必殺仕業人」など必殺シリーズの題字を手がけ、日本書芸院参事を務める重鎮書道家・糸見渓南さん(78)が11日午後11時20分ごろ、大阪府泉佐野市鶴原の路上で、男に突然、棒のようなもので後頭部を殴られた。

 泉佐野署によると、糸見さんは帰宅途中。背後から殴られ、驚いて振り向いたところ、さらに顔面を2、3回殴打されてあおむけに転倒したが、必死に傘で抵抗すると、男は走って逃げたという。男は身長170センチぐらいで黒っぽい上下姿。同署は、強盗致傷容疑で捜査。男の行方を追っている。

 糸見さんは頭や顔に打撲などの軽いけが。2、3週間の通院が必要とされ、12日は自宅で休んでいるという。糸見さんの7~8万円入りの財布は無事だったが、現場周辺には小銭が散らばっており、セカンドバッグに入れていた小銭入れがなくなっているという。

 現場はJR阪和線東佐野駅の西約300メートルで、住宅や田畑が混在した地域。糸見さんは「夜道なので、人通りの寂しい道を避けて遠回りするなど用心していたが、襲われてしまった。これからどうしたらいいか心配」と不安を漏らしている。

 【関連記事】
書家の糸見溪南さん襲われる…必殺シリーズの題字手掛ける
テレビ朝日系 必殺仕事人 必殺仕業人 を調べる

家賃の悪質取り立て禁止=入居者保護法案を提出へ-国交省(時事通信)
<北沢防衛相>陸自連隊長の処分など検討(毎日新聞)
石巻3人殺傷 元交際相手の少年ら2人、監禁容疑で逮捕(毎日新聞)
<防衛脱税事件>秋山被告の公判が結審 3月29日に判決(毎日新聞)
<民主党>「政府一元化」事実上修正 政策決定に関与強める(毎日新聞)

永田死刑囚 脳腫瘍悪化(産経新聞)

 昭和46~47年にかけて起きた一連の連合赤軍事件に絡む大量リンチ事件で殺人罪などに問われ、死刑が確定している元連合赤軍幹部の永田洋子(ひろこ)死刑囚(65)が、脳腫瘍(しゅよう)が悪化し、面会者が訪れても相手が判別できないほどになっていることが11日、分かった。元赤軍メンバーら関係者らによる集会で明らかにされた。

 一方、集会にはハーグ事件などで懲役20年の高裁判決を受けて上告中の日本赤軍元最高幹部、重信房子被告(64)も「生きて再会を念じています」などとするメッセージを寄せた。

 集会は2月上旬、京都市で開催。元日本赤軍や元連合赤軍、よど号グループのメンバーと支援者ら約40人が集まった。

 永田死刑囚は昭和59年に手術を受けた。さらに数年前にも再手術し、一時は危篤にも陥ったという。現在は視力をほとんど失った上、面会者を認識することも難しい病状だという。

 判決などによると、永田死刑囚は組織を抜けた仲間2人を絞殺したほかリンチで仲間11人を殺害、1人を死亡させるなどしたとして、平成5年に死刑が確定している。

【関連記事】
作家、立松和平氏が死去 「遠雷」「毒-風聞・田中正造」など
日本赤軍元最高幹部 重信房子被告 「世界変えるといい気に」
ぼくは二十歳だった 40年前と40年間
カップヌードル発売 浅間山荘事件で爆発的大ヒット
還暦過ぎても革命家…彼はラーメンをすすっていた

山スキーで不明の男性4人発見…栂池高原(読売新聞)
IMFなどに報告書提出=G20の政策相互評価で-政府(時事通信)
<交通事故>米子自動車道で正面衝突、3人死亡4人重軽傷(毎日新聞)
【くらしナビ】ワコール「スポーツブラ」好調 特許でバストの揺れ軽減(産経新聞)
真央生観戦まだ間に合う!「公式転売市場」でチケット狙え(スポーツ報知)

<小林千代美議員>北教組が1600万円違法献金の疑い(毎日新聞)

 民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=の陣営幹部による選挙違反事件に絡み、小林氏側が北海道教職員組合(北教組)から約1600万円の違法な資金提供を受けていたとして、札幌地検特別刑事部は15日、政治資金規正法違反(企業・団体献金の禁止)の容疑で北教組本部(札幌市中央区)を家宅捜索し、強制捜査に乗り出した。

 同法は企業や労組などの団体から政治家個人への献金を禁止している。地検は会計責任者らの事情聴取も進め、資金の流れなどについて調べを進める。捜査関係者によると、北教組は教職員が支払う組合費の一部を裏金化してプールし、選挙資金として約1600万円を複数回に分けて支払っていたという。

 小林氏の06年以降の政治資金収支報告書には北教組関連の政治団体からの献金は記載されていない。前回衆院選の選挙運動費用収支報告書には民主党本部からの500万円や、選挙事務所や備品(29万4000円相当)の寄付が記されているが、ほかに資金提供を受けた記述はない。

 小林氏陣営では、選対委員長代行を務めた元連合北海道札幌地区連合会長、山本広和被告(60)が公選法違反(買収の約束、事前運動)の罪に問われ、今月12日に札幌地裁で懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡された。【水戸健一、和田浩幸】

【関連ニュース】
民主党:石川議員の離党承認
陸山会土地購入:小沢氏不起訴不当と検審に告発者申し立て
石川衆院議員:離党届を提出、小沢幹事長が受理 民主党
石川知裕議員:「不適切記載深く反省する」9日会見を訂正
石川議員:辞職、離党を否定 保釈後、初会見

<訃報>小口雄三さん69歳=元三協精機製作所社長(毎日新聞)
<名古屋市営地下鉄>線路に女性、はねられて死亡…伏見駅(毎日新聞)
親族会社の株式 鳩山首相は現在も保有(産経新聞)
南青山の強殺 無職の男を起訴(産経新聞)
<大阪府医師会長>民主支持の元副会長、伯井俊明氏が初当選(毎日新聞)

弁護士法違反で柔道整復師逮捕=資格なく示談交渉-埼玉県警(時事通信)

 弁護士資格がないのに交通事故の示談交渉などを行ったとして、埼玉県警生活環境2課は10日、弁護士法違反容疑で、同県熊谷市筑波の元行政書士で柔道整復師柿沢和雄容疑者(46)を逮捕した。同課によると、「弁護士法に違反するとは思っていなかった」と否認しているという。
 逮捕容疑は2007年3月から08年2月までの間、埼玉と群馬の男性2人の交通事故負傷者から示談の委任を受け、賠償保険金の約2割に当たる計279万8000円を報酬として受け取った疑い。 

【関連ニュース】
100万円「事務所運営費に使用」=受領認め「謝礼」否認
弁護士、交渉先と顧問契約=現金受領の汚職行為事件
交渉相手から200万円受領=弁護士逮捕、容疑否認

<陸自幹部発言>「信頼してくれ」では日米同盟維持されぬ(毎日新聞)
免許手放し、半年間で27人=認知機能検査きっかけ-警察庁(時事通信)
ファイル共有ソフトで映画=ネットカフェ店長を逮捕-上映権侵害容疑で全国初・千葉(時事通信)
ワシントン“凍結” 米東部中心に記録的積雪(産経新聞)
石川議員辞職も想定?中川昭一氏の妻擁立検討(読売新聞)

首相と小沢氏の会談で説明に食い違い 首相「頑張ってとはいっていない」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相(民主党代表)は9日午前、小沢一郎同党幹事長の続投を容認した8日午後の会談でのやり取りについて、「頑張ってくださいという言葉は使っていない。(小沢氏から)『このまま続けてよいか』といわれたので、『はい』と申し上げた」と説明した。首相公邸前で記者団に答えた。

 小沢氏は会談後の8日夕の記者会見で「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』といわれた」と語っており、首相と小沢氏の説明に食い違いが生じた格好となっている。

【関連記事】
鳩山首相が小沢幹事長の続投を容認
小沢幹事長「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」
鳩山首相「重い十字架背負うのは辛い」
秘書の罪は議員の罪?加藤紘一氏の“逆襲”に首相しどろもどろ
「ここでは申し上げない」鳩山-小沢会談について首相

船田前議員、新潮社を提訴=不倫疑惑報道は名誉棄損-宇都宮地裁(時事通信)
広域連合協議 「議員1人以上」主張 福岡贈収賄 逮捕の町村会前局長(産経新聞)
小沢氏続投、参院選への影響懸念…政府・民主(読売新聞)
ボクシング 亀田大毅戦の視聴率19%(毎日新聞)
石川議員、民主離党へ…近く小沢氏と会談し判断(読売新聞)

山本病院、死亡時刻を2時間遅らせカルテ記載(読売新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(解散)の業務上過失致死事件で、元理事長の山本文夫被告(52)(詐欺罪で実刑判決を受け控訴中)らが2006年6月、肝臓手術で失血死させたとされる男性(当時51歳)の死亡時刻を、実際より2時間遅くカルテに記載していたことがわかった。

 また、ともに手術をした元勤務医の塚本泰彦容疑者(54)は山本被告の指示を受けて、死因を「急性心筋梗塞(こうそく)」と改ざんしたと供述、県警は手術中の死亡を隠蔽(いんぺい)しようとしたとみている。

 奈良県が07年1月に実施した聞き取り調査で、山本被告は、〈1〉手術は午後1時半頃に終了〈2〉男性を病室に戻した後、急激に血圧が低下した〈3〉約2時間、心臓マッサージなど心肺蘇生(そせい)を試みたが、同3時39分に急性心筋梗塞で死亡した――などと説明。カルテにもそう記載していた。

 しかし、看護師らが記載する手術記録や病院関係者の証言では、男性は手術中の午後1時半頃、肝静脈損傷による大量出血で心肺停止状態に陥っていたことが判明。手術後に山本被告の行方がわからなくなった後、塚本容疑者は傷口を縫合して、男性を集中治療室(ICU)に移したという。

 県警の調べに、塚本容疑者は手術後の状況について、「手術中に男性が死んだが、隠すため、手術室からICUに移した。山本被告に『死因は急性心筋梗塞でいいやろ』と指示された」と供述しているという。

幹事長続投小沢氏 「公平・公正な捜査の結果」(J-CASTニュース)
接岸中の大型貨物船で火災…福岡(読売新聞)
<屋久島>縄文杉登山道、中旬までに迂回路(毎日新聞)
喫茶店にタクシー突っ込み4人重軽傷=京都(時事通信)
首相動静(2月4日)(時事通信)

<屋久島>縄文杉登山道、中旬までに迂回路(毎日新聞)

 鹿児島県・屋久島の縄文杉登山道でがけ崩れが発生した問題で、国、県と屋久島町は2日、迂回(うかい)路を2月中旬までに完成させることを決めた。県は「最も登山客が多い大型連休時も含め、通常の登山が可能」としている。一方、登山道上の岩石を撤去する時期は見通しが立たないという。

 県によると、迂回路の起点は、荒川登山口から約2キロの地点。従来の登山道より約150メートル遠回りとなり、10分ほど余分に時間がかかるという。

【関連ニュース】
屋久島:縄文杉登山道でがけ崩れ 3月までに迂回路設ける
がけ崩れ:縄文杉登山道で--鹿児島・屋久島
ニュージーランド:巨木タネ・マフタと屋久島の縄文杉が「姉妹木」提携
青森市:鹿児島・屋久島町と友好締結 市長「縄文時代から赤い糸」 /青森
災害:屋久島の登山道でがけ崩れ/縄文杉見学のメーンルート/鹿児島

「どこにいました?」「どこですか?」 微妙な位置関係を追及する弁護人(産経新聞)
防衛省が「友愛ボート」構想 医療支援と文化交流(産経新聞)
<子ども手当>首相「公約通りに」満額支給 衆院本会議答弁(毎日新聞)
<子ども手当>児童養護施設の入所者も対象に 長妻厚労相(毎日新聞)
木嶋被告、不審死疑惑表面化後は詐欺容疑を否認(読売新聞)

訃報 チカップ美恵子さん61歳=アイヌ民族地位確立訴え(毎日新聞)

 チカップ美恵子さん61歳(ちかっぷ・みえこ<本名・伊賀美恵子=いが・みえこ>アイヌ文様刺しゅう家)5日、急性骨髄性白血病のため死去。有志による「送る会」は6日午後6時、札幌市北区北12西4の12のファミリア北12条。発起人代表は植村佳弘(うえむら・よしひろ)さん。

 北海道釧路市出身。アイヌ文様刺しゅうに本格的に取り組むとともに、アイヌ民族の地位確立などを訴えてきた。85年、東京地裁に起こした「肖像権訴訟」では、「アイヌ民族誌」に民族楽器ムックリを吹く自身の写真を無断掲載されたうえ、「滅びゆく民族」として紹介されたことなどから民族の誇りを傷付けられたとして、出版社などを相手に慰謝料の支払いなどを求めた。88年に被告側が謝罪して和解が成立した。

 09年9月上旬に白血病を再発し、札幌市内の病院に入院していた。

<立春>各地でこの冬一番の冷え込み 都心で氷点下0.4度(毎日新聞)
民主高嶋氏、石川議員の処分「今は考えず」(産経新聞)
小沢氏、米次官補と会談=内容説明せず(時事通信)
12月に全国で皆既月食=11年の暦要項発表-国立天文台(時事通信)
囲碁 小5の藤沢里菜さんが棋士試験合格 史上最年少で(毎日新聞)

岡田外相、10日に訪韓へ(産経新聞)

 岡田克也外相は2日の記者会見で、今月10~11日に韓国を訪問すると発表した。11日に韓国の柳明桓外交通商相と会談する。岡田外相の訪韓は初めて。日韓外相会談では李明博大統領の来日や北朝鮮問題などを協議する。

【関連記事】
改めて「普天間継続使用含め検討」 官房副長官
社民・国民新、岡田外相の「普天間継続も」発言に反発
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…
日本の教科書に影響与えない 岡田外相
「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及

丸ノ内線レトロなメトロでニッポン再興!(産経新聞)
大阪地検、供述メモ廃棄…郵便不正事件(読売新聞)
節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
<ひき逃げ>車が歩道に突っ込み3人死亡 車の男女4人逃走(毎日新聞)
連続不審死、35歳女を逮捕=会社員男性殺害の疑い-練炭自殺装う・埼玉県警(時事通信)

覚せい剤摘発、過去最多=5割増の164件-昨年の密輸取り締まり(時事通信)

 財務省は1日、2009年に税関が実施した不正薬物などの密輸取り締まり実績を発表した。覚せい剤の摘発件数は前年比49%増の164件と、現行方式の統計を始めた1966年以降で最多を記録。航空機での小口密輸が増えた上に、韓国の仁川空港がハブ(拠点)空港化して日本への乗り継ぎが便利になったためで、取り締まりが緩いとみられがちな地方空港での摘発は前年の3件から9件に急増した。
 ただ、覚せい剤の押収量を見ると、3月に高知県室戸市の椎名漁港で約120キロを摘発したものの、船舶による大量密輸が減った影響で18%減の333キロにとどまった。
 一方、密輸ルートは、過去に摘発実績のないベトナムやロシア、アフリカ諸国などに多様化。中国からの密輸は過去最多の62件に達したが、これまで50%近かった構成比は38%に低下した。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
押尾被告、3月に公判前整理=保護責任者遺棄致死
MDMA1万4000錠所持=容疑で密売のコロンビア人逮捕

死に向かう志士、寺田屋と近江屋 龍馬ゆかりの地を行く(産経新聞)
将棋 佐藤九段降級、三浦八段首位に 名人戦順位戦A級(毎日新聞)
海外ビジネス出資 無登録2億集金か 飲食店運営会社を捜索(産経新聞)
首相動静(2月2日)(時事通信)
<長崎平和研究所>最後の総会 被爆者の高齢化で存続断念(毎日新聞)

<東京メトロ丸ノ内線>煙目撃で1時間、運転を見合わせ(毎日新聞)

 31日午後2時55分ごろ、東京都文京区春日1の東京メトロ丸ノ内線後楽園駅で、停車中の池袋発新宿行き電車(6両編成)の4両目の床下から煙が出ているのを反対ホームに停車していた電車の運転士が目撃し同社に連絡した。同線は全線で運転を見合わせ、同社や東京消防庁が調べたが異常はなく、約1時間後に運転を再開した。このトラブルで1万4000人に影響が出た。【馬場直子】

自殺対策緊急プラン、5日に決定=内閣府(時事通信)
国が止めても県が入札開始…八ッ場ダム関連工事(読売新聞)
みんなの党「みんなで坂本龍馬です」に失笑(産経新聞)
<読売文学賞>小説賞に高村薫さんの「太陽を曳く馬」(毎日新聞)
<子ども手当>11年度満額支給は困難 野田副財務相(毎日新聞)

鳩山首相、小沢氏「潔白証明」を強調(読売新聞)

 鳩山首相は5日の衆院予算委員会で、小沢民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」を巡る政治資金規正法違反事件について、「あたかもグレーのような話をされているが、検察の捜査により事実と認定されなかった」と強調した。

 小沢氏の潔白が証明されたとの考えを示したものだ。

 菅義偉氏(自民)が国会の政治倫理審査会などでの小沢氏の説明を求めると、首相は「『政倫審に臨んでもらいたい』と申し上げる必要は無い」と反論。菅氏は小沢氏の証人喚問を要求した。

 事件で起訴された石川知裕被告(民主党衆院議員)への党の処分は「本人が政治家として判断すべきものだ」と述べるにとどめた。

 一方、平野官房長官は憲法解釈を巡り、内閣と内閣法制局の見解が異なった場合、「想定していないが、(法制局長官を罷免する)可能性はある」と述べた。

<強制わいせつ容疑>警部を逮捕 08年にも処分 福岡県警(毎日新聞)
ハイチ支援の教訓生かす=医療チームが帰国報告-岡田外相(時事通信)
宝くじ販売所に強盗、奪ったのは現金50万(読売新聞)
桜井茶臼山古墳から見つかった鏡が照らす“卑弥呼の政権戦略”(産経新聞)
<漁船銃撃>漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論(毎日新聞)

横浜事件 4次請求の刑事補償決定司法の過失に言及(産経新聞)

 戦時下最大の言論弾圧事件とされる「横浜事件」で治安維持法違反罪に問われ、第3次、4次の再審公判で免訴判決を受けた元被告5人(いずれも故人)の遺族らが申し立てた刑事補償請求について、横浜地裁(大島隆明裁判長)は4日、4次請求の元「改造」編集部員、小野康人さんの遺族が求めた刑事補償請求に対し、計980万円の補償を支払う決定をした。

 決定書によると、「警察、検察および裁判の各機関の故意、過失も重大である」とした。

 小野さんについて免訴を言い渡した昨年3月の地裁判決では、「刑事補償請求の審理で実体的に判断し、名誉回復を図れる」と指摘していた。刑事補償で、身柄拘束日数に応じて支払う交付額の上限1万2500円が交付される。

 横浜事件 第2次大戦中、雑誌「改造」に掲載された論文が共産主義を宣伝したとして、神奈川県警特高課が約60人を逮捕した事件。約30人が起訴され、終戦後に大半は有罪判決を受け4人が獄死した。昭和27年には取り調べ中に拷問したとして、特高警部ら3人の有罪が確定した。元被告や遺族が昭和61年以降、順次再審を請求。3、4次請求で再審が開かれ免訴判決が確定した。3、4次請求の遺族が再審などで無罪の判決を受けた場合、逮捕・拘置などの日数に応じ、国に補償請求できる刑事補償を請求。免訴判決でも免訴事由がなければ無罪だったと認められる場合、請求できる。

【関連記事】
横浜事件の補償請求棄却を 地検「記録なく判断不能」
菅家さん、横浜事件の集会に参加
横浜事件で補償金請求 元被告4人の遺族
「横浜事件」遺族が刑事補償金請求
「治安維持法の廃止で免訴と判断せざるを得ない」 横浜事件再審

「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
10年度の年金額は据え置き=厚労省(時事通信)
大阪の消防士、酔って地下鉄運転士殴る(読売新聞)
連続女性殺害で69歳被告の死刑確定へ 最高裁(産経新聞)
白樺湖氷燈祭 東京スカイツリーの氷像もお目見え 長野(毎日新聞)

定年制は「高齢者排除の論理」=自民執行部に異議-片山氏(時事通信)

 「議席激減で党が小さくなったときこそ、老壮青がまとまることが必要で、排除の論理はとるべきではない」。自民党参院選比例代表の「70歳定年制」を理由に、党執行部から公認見送りを伝えられた片山虎之助元総務相(74)は29日付の自身のブログで、納得がいかない心情を吐露した。
 片山氏は「特例で公認が認められるとみられた私も、今年に入って状況が変わるなど翻弄(ほんろう)され続けて、少々疲れた」と本音をぽろり。「わが国には現在、70歳以上の高齢者が2060万人もいて、その代表者がいる方が自然」と谷垣禎一総裁らの判断に異議を唱えた。 

【関連ニュース】
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置
地方からも招集可能に=「協議の場」で骨子案
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も

<中学入試>受験シーズン到来 私立人気、不況知らず? 併願数は減少傾向(毎日新聞)
<信号無視容疑>検問突破の女、衝突事故後もなお逃走 札幌(毎日新聞)
四つの翼を広げて滑空=小型羽毛恐竜の模型で実験-鳥類飛行の起源か・米中チーム(時事通信)
<雑記帳>「磁器製ひな人形」お披露目 佐賀・有田(毎日新聞)
特急がトラック衝突、二十数人けが=北海道深川市の踏切(時事通信)

耳かき殺人、争点は責任能力 公判前整理手続き(産経新聞)

 東京都港区西新橋で、耳かき店店員の江尻美保さん=当時(21)=と祖母の芳江さん=同(78)=が刺殺された事件で、殺人罪に問われた元会社員、林貢二被告(41)の公判前整理手続きの第1回協議が29日、東京地裁(山口雅高裁判長)であった。弁護側は責任能力を争う方針を示した。

 2人が殺害されていることから、公判では死刑が求刑されることも予想される。事件は裁判員裁判の対象で、裁判員は責任能力と死刑の可否という難しい判断を迫られそうだ。

 被告は起訴内容をおおむね認める方針。ただ、弁護側は「犯行当時はなんらかの精神障害にあり、心神喪失か心神耗弱の状態だった」として、無罪か刑の軽減を求めていく。

 検察側は捜査段階の簡易鑑定から、「責任能力に問題はなかった」として起訴した。

【関連記事】
記者は見た!「耳かきエステ」一斉摘発 仰天サービスの実態は…
違法耳かきサービス店を一斉摘発 神奈川県警
重体だった孫の「耳かき嬢」が死亡-新橋女性殺傷事件
耳かき専門店店員の重体女性が死亡 西新橋殺傷事件
新橋の耳かきストーカー男 殺人罪などで起訴

検視官の出動数43%増=解剖率は小幅上昇-警察庁(時事通信)
後期高齢者医療制度を考える 「遺族年金非課税」の影響は?(産経新聞)
「ラブ・コネクション」運び屋はカノジョ(読売新聞)
<春闘>電機連合、賃金改善見送り 要求方針を提案(毎日新聞)
介護職員は「当たり前の感覚を持って」(医療介護CBニュース)

沖縄・読谷村の死亡事故、ひき逃げで米兵起訴(読売新聞)

 沖縄県読谷村のひき逃げ死亡事件で、那覇地検は27日、米陸軍トリイ通信施設(読谷村)所属の2等軍曹クライド・ガン被告(27)(自動車運転過失致死罪で起訴)を道交法違反(ひき逃げ)で那覇地裁に起訴した。

 起訴状では、ガン被告は昨年11月7日早朝、同村楚辺(そべ)の道路で、同村伊良皆(いらみな)、無職外間政和さん(当時66歳)を乗用車ではね、逃走した、としている。外間さんは頸椎(けいつい)骨折で死亡した。

バレンタイン QRコード付きチョコあげます 大阪で(毎日新聞)
東京地検、鹿島会長を参考人聴取(読売新聞)
陸山会 小沢氏団体から13億円 04~05年不記載(毎日新聞)
東海道新幹線 停電で品川-小田原駅間ストップ(産経新聞)
連続不審死、女を埼玉の殺人容疑で再逮捕(読売新聞)

普天間現行案、首相に撤回要求へ=「市民の意思伝えたい」-次期名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市長選から一夜明けた25日午前、稲嶺進次期市長は市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題について、市長就任後にできるだけ早く鳩山由紀夫首相に会い、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部を移設先とする現行計画の撤回を求めたいとの考えを明らかにした。
 稲嶺氏は「市長選で(移設反対派が勝利した)13年前の市民投票と同じ結果が出た。(首相に)そのことをしっかり伝え、くみ取ってもらいたい」と訴えるとともに、「まず市議会に(移設)反対の決議をしてもらい、それを持って(鳩山)政権に市民の意思を伝えたい」と語った。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕宮崎市長に戸敷正氏が初当選
「責任の重さ感じる」=当選から一夜明け稲嶺氏
「辺野古に基地造らせぬ」=稲嶺次期名護市長が決意強調
普天間、5月末までに結論=名護市長選「民意の表れ」
「基地検討委の結果待つ」と沖縄知事=宜野湾市長「県外移設に弾み」

訪問介護、初回加算も医療費控除の対象―厚労省が事務連絡(医療介護CBニュース)
<郵便不正事件>厚労省元局長、無罪を主張 大阪地裁初公判(毎日新聞)
寒立馬 地吹雪に耐え 青森・下北半島(毎日新聞)
怒鳴る客も粘り強く説得=声掛け「プロ」が秘訣-振り込め阻止の2人・警察庁(時事通信)
首都高湾岸線で6台玉突き事故、8人軽傷(読売新聞)
sidetitleプロフィールsidetitle

みやぎまさこさん

Author:みやぎまさこさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。