スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマチュア無線

無線局の一例 無線局の一例 食卓に小さな無線機を一台置いただけでも立派な無線局である。 アンテナの一例 同じことが好きな者同士、話もはずむ。それもアマチュア無線の楽しみのひとつ。アマチュア無線(アマチュアむせん)とは、通信技術への興味を満たしたり、同好の仲間との対話を楽しむために、事業ではなく趣味として行う無線通信である[1][2]。概説アマチュア無線は、その免許に年齢制限はなく、世代を問わずに楽しめる趣味である[1]。かつて無線通信技術の商業利用が始まる前の時代では、個人の研究者が興味を満たすために無線機を自作して通信を行っていたのであり、すべての通信がアマチュア無線であった。日本でのアマチュア無線の歴史は、大正末期に「私設無線電信無線電話実験局」として認可された事から始まる(→歴史)。また「アマチュア=素人」という言葉のひびきから、アマチュア無線は業務用無線の下位と思われがちだが、無線においては「アマチュア=私的学究」という意味であり、無線業務においては、あくまで「プロフェッショナル」である免許人が「個人的研究」のために電波を使用するものである。運用規則や技術等は業務用無線と同等の水準が要求されている。国際法・国内法ともにアマチュア無線は「個人的な無線技術の興味によって行う自己訓練、通信及び技術的研究の業務」と定義がされている(→条約・法律上の定義)アマチュア無線の運用を希望する場合は当該国の免許を受ける必要がある。日本のアマチュア無線技士は第四級?第一級の4つに区分されている。アマチュア無線局も、他の放送局同様に、コールサインを与えられる。(→免許制度)。アマチュア無線の代表的な通信方式には電話方式と電信方式がある。(→通信方式)アマチュア無線の楽しみ方としては、「ラグチュー」と呼ばれる雑談や、「DX」と呼ばれる遠距離通信、「コンテスト」と呼ばれる通信の競技会、「アワード」と呼ばれる条件を満たした通信を行うことで賞を得ることを目指すこと、などがある。他にも「QSLカード」と呼ばれる交信の記録となるカードを愛好家同士で交換・収集することも大きな楽しみのひとつである[2]。(→楽しみ方)アマチュア無線は非常通信として用いられて社会貢献することもあるが、これについては賛否両論がある。(→社会貢献)アマチュア無線は電波障害を引き起こすことがある。また健康に悪影響をも

<鳥取不審死>上田容疑者、派手好きで子煩悩(毎日新聞)
<忘れ物>列車に実弾入り拳銃、巡査部長を処分 鹿児島県警(毎日新聞)
<名護市長選>移設反対派の稲嶺氏が当選確実(毎日新聞)
がん治療用ワクチンの製造販売で大塚製薬と契約―扶桑薬品工業(医療介護CBニュース)
愉快犯か報復か 被害拡大…食料品への縫い針混入(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

みやぎまさこさん

Author:みやぎまさこさん
FC2ブログへようこそ!

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleフリーエリアsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。